石綿(アスベスト)工場
の元労働者やその遺族の方々のうち 一定の要件を満たす方に
賠償金をお支払いします

ポスターの近くにチラシが置いてありました。
備忘録としてアップします。

平成26年10月の大阪泉南アスベスト訴訟最高裁判決により、国の損害賠償責任が認められました。
この賠償金の請求方法についてのご案内です。

Q1.どうすれば賠償金がもらえますか?
国を提訴し、訴訟の中で以下の要件を満たすことが確認され、和解が成立した場合には、賠償金をお支払いします。

(1)昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべき石綿工場(※)内において、石綿粉じんにばく露する作業に従事したこと。

※ 石綿紡織工場、石綿含有建材・製品の製造工場など(石綿工場以外の従業員であっ た場合でも要件を満たす場合があります。詳しくは弁護士などにご相談ください。)

(2)その結果、石綿による一定の健康被害(※)を被ったこと。
※ 石綿肺、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚など

(3)提訴の時期が損害賠償請求権の期間内(※)であること。
※ 期間内であるかについては、弁護士などにご相談ください。

※ 石綿による健康被害により労災保険を受給している(過去に受給した)方 や石綿によるじん肺管理区分決定(管理2以上)を受けた方のすべてが和解 の対象になるとは限りません。
賠償金の支払いを受けるためには、訴訟の中で上記Q1の要件を満たすこ とが確認され、和解が成立する必要があります。
詳しくは、裏面の法テラスや弁護士会(裏面参照)などにご相談ください。

Q2.石綿工場は既になくなっているのですが、 賠償金はもらえますか?
勤務していた石綿工場が既になくなっていても、Q1(表面)の要件を満たすことが確認されれば、賠償金をお支払いします。

Q3.石綿による病気のため労災保険や石綿健康 被害救済法による給付を受けていますが、賠 償金はもらえますか?
労災保険や石綿健康被害救済法による給付とは別に、賠償金をお支払い
します。

Q4.賠償金はいつ頃にいくらもらえますか?
国を提訴していただき、Q1(表面)の和解要件を満たすことが確認さ
れ、和解が成立すれば賠償金をお支払いします。
石綿工場の元労働者ご本人が既に亡くなっている場合には、遺族(相続人)の方にお支払いします。
和解により国がお支払いする賠償金の額は、疾患の種類や病状によって異なります。

Q5.もっと詳しい内容を知りたいのですが?
詳細については法テラスや弁護士会などにご相談ください。 (最寄りの法テラスや弁護士会は下記のホームページからご覧いただけます。)
お問合せ先
法テラス(日本司法支援センター)
ホームページ http://www.houterasu.or.jp/ 電 話 0570-078374
(平日9:00~21:00 土曜日9:00~17:00) 日本弁護士連合会
ホームページ http://www.nichibenren.or.jp/ 厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署