杉並区には、要介護者や障害者などの救急時や災害時に地域で支援するための登録制度「地域のたすけあいネットワーク(地域の手)」があります。

異常気象が頻繁に起こっているので家内も登録しておく事にしました。

今日は担当の民生委員の方が自宅訪問していただき、家内の状況のヒアリングと

救急情報キットを置いて行ってくださいました。

この救急情報キットは、民生員の方がヒアリングした情報やお薬手帳の最近のコピーなどを入れて、冷蔵庫に入れておきます。

これで家内が一人で緊急時になった時、消防隊の方などが冷蔵庫に入っている救急情報キットを見れば家族の状況やかかりつけの医者、処方された薬などが分かります。