日中猛烈に暑く午後夕立があると言う不安定な天気で予定していた外出は止めて家で大人しくしていたお盆も終わり、久しぶりに訪問リハビリを受けました。

毎朝と寝る前の自主練習の成果なのか麻痺した左手も少しは緩んできているそうです。

右手と左手を組んで上に上げたり、左右に倒したり出来るようになり、散歩してます。

セラピストの方と色々な話題でずっと話しをしているので自然と顔面の麻痺の運動になっていて、その上、セラピスト方の趣味など家族以外の話題をするので、家族との会話に幅が広がっています。
脳梗塞になるとついつい家に籠りがちになり、家族との会話が少なくなりますが、リハビリでもいいので積極的に家族以外の方と話しをすることは社会的繋がりの点でも重要ですね!