家内が脳梗塞になって191日 アイロン掛けを試してみました。

家内がリハビリ病院から家に戻ってきて病院で考えていたやりたい事と実際に家で出来る事が違ったそうです。
その1つがアイロンがけです。

脳梗塞になるまでは、床に座ってアイロンがけをしていので低い椅子が有れば出来ると考えてました。しかし、実際低い椅子からの立ち上がりが大変で、その上、重いアイロンを持つと身体も安定しません。
今回試しに長椅子の上にアイロン台をのせてアイロン台を高くしてアイロンがけにチャレンジしました。

最後は立ち上がってのアイロンがけになりましたが、本人は満足では無かったのですが何とか一枚出来ました。

今日はケアマネの方との月一回のヒアリングの日にあたり、風呂掃除やトイレ掃除、そして今日のアイロンがけなど日常の家事でできた事今後やりたい事を話し合いました。

現在、訪問リハビリしかしていないので通所リハビリもいいところが有れば併用した方が良いとのアドバイスでケアマネさんに探していただくことにしました。

その後、作業療法士さんに左肩から手にかけて入念にケアしていただきました。
入院中歩く事が出来るようになるのが主で手の動きには時間がさけなかったので関節や手の骨の間が硬くなっているそうです。
お風呂の中での手のストレッチも教えて貰いました。