このリハビリテーション病院は、出来て3年目。
スタッフの中には本部のある九州から応援に来ている方も沢山います。
転院の際、最初に付いてくれたK理学療法士が戻ることになり、昨日が最後の日でした。

家内からK理学療法士に対しての長いLineか届きました。
“歩く🚶ことに必要な土代を厳しかったリハビリで全て体に教え込んでもらった‼️と思わされました。
Kさんいわく、”これで終わりやないけんね。
これからが始まりやけんね。
家に帰ったらして欲しいことがある❗
家族の方に付き添ってもらって外出をドンドンして欲しい‼️
怖くて尻込みするけんね、近くの所から少しずつ距離伸ばして外出して欲しいけん‼️
歩くことが一番のリハビリやけん。
俺は背後霊で何時も引っ付いているけんね‼️
怖くないけん‼️”と言葉掛けてくれました。
俺の厳しいリハビリにようついて来たけん‼️
出来るはず。
と何度も繰り返し言ってました‼️
感謝です‼️
不思議な出会いでした👋😍💋
一生忘れないと思います😀
注意して歩け歩けが目標です”