回復期リハビリテーション病院は、医療費の増大を抑え自宅に戻ることを目的に2000年に新設された病棟。

入院できる患者には、脳梗塞などの鵜欠陥障害や大腿部骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の回復期に集中的なリハビリテーションを行なうことで低下した能力を再び獲得することを目的とした病棟です。

あらためて調べてみると東京に沢山あります。

参考に一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会リストです。

回復期リハビリテーション病棟協会会員(東京)

 http://www.rehabili.jp/map/mc4.html